脱毛症の病院検査の流れを紹介

深刻な脱毛症状なら皮膚科で検査

急に脱毛症の症状が出てきたり、なかなか症状が改善されなかった場合は、勝手な自己診断や、育毛剤などへの頼りすぎは禁物です。
すみやかに病院へいってみましょう。

 

病院検査の流れは、以下のとおりです。

 

抜け毛 薄毛についての問診問診
日常のストレスなど、精神的な影響が深く関わっていることが多いので、まずは根本的な原因を探るために、さまざまな質問をされます。
例をあげると、
・生活環境の変化、心境の変化などがあったかなど
・いつからどの部分が抜けはじめたのか
・つかっているシャンプーやリンスなどについて
・美容院に行く頻度
・薬の服用とその頻度

 

抜け毛 薄毛のヘアチェックヘアチェック
病院によっては、ヘアチェックを行うことも。
マイクロスコープを使って、モニターを見ながら、頭皮の状態をチェック。
頭皮の温度や皮脂量、髪の毛の状態、血行のよしあしなどまで詳しく調べてもらい、説明をうけましょう。

 

抜け毛 薄毛の治療は薬やマッサージ治療は薬やマッサージなどで
脱毛症の治療は、大きく分けて二種類です。
ひとつは、毛が残っている部分を頭皮ごと移植したり、髪の毛を1本1本植毛していく「手術療法」。
もうひとつは、外科手術を伴わない、「保存療法」です。

 

若い女性に多くみられる脱毛症のほとんどは、毛根が休んでいたり、弱っていたりするだけなので、「保存療法」がメインです。
女性の脱毛には、ストレスが大きく関わっていることが多いので、カウンセリング、育毛剤や薬の使用、頭皮マッサージなどをしながら、しばらく様子をみます。
これに加え、「赤外線照射」で毛根部に刺激を与えたり血行をよくしたり、「液体窒素法」で低温刺激を与え、血行を促すこともあります。

 

このような治療を、1週間に1回ぐらいのペースで、約3か月間ほど続けていきます。
そのほか、最近の新しい治療法として注目されている「真空含浸法」などもあります。これは気圧の差を利用して、毛穴の汚れを吸い取り、そこに育毛剤を直接噴射し、毛根にダイレクトに浸透させるという方法です。
また、症状によっては、局部免疫療法、特殊な光を当てるPUVA療法や、注射療法などをすることもあります。

 

抜け毛 薄毛の処方薬処方薬
内服薬は、髪の成長や頭皮の新陳代謝を促すビタミン剤が主です。
外用薬は、頭皮の炎症を抑えるステロイド剤軟膏や、血管を広げて頭皮の血行を促進する液体のフロージン(塩化カルプロニウム)などが代表的なものです。
どれも健康保険が適用されますので、経済的にも安心です。
まずは1か月ほど続けていきます。
ストレスがなくなれば、すぐに症状がよくなることもあります。

 

 

こちらのクリニックは、全国6カ所。お近くのクリニックのレディースコースへご相談ください。▼▼▼
SBC毛髪再生医療センター