抜け毛 薄毛を防ぐための女性のセルフケア

女性の抜け毛 薄毛は日頃のケアが大事

顔などの皮膚と同じように、頭皮からも皮脂は毎日分泌されています。

 

髪を洗わないままでいると、その皮脂が頭皮にどんどんたまっていき、髪の成長を妨げてしまいます。

 

毎日1回は必ず髪を洗って、頭皮の皮脂や汚れをきちんと洗い流しておきましょう。

 

髪を洗ったあとは、タオルドライをしっかりタオルドライをしっかり
ぬれた髪は、キューティクルがはがれやすくなっています。生乾きのまま寝てしまうのは、髪を傷める原因となります。

 

かといって長時間のドライヤーの熱もNG。髪や頭皮へのダメージ大です。

 

髪を洗ったあとは、タオルでかるくたたくようにして、しっかり水分を吸収させてあげましょう。

 

ドライヤーをかける時間ができるだけ、短時間ですむようにしましょう。

 

また、髪へのダメージがもっと気になる人は、髪の上にタオルをかけ、その上からドライヤーを当てるのもおすすめです。

 

髪の毛のブラッシングは毛先からブラッシングは毛先から
ブラッシングは毛先から、軽い力で行うのが原則です。

 

髪の根元からぐいぐいと無理にとこうとすると、切れ毛や枝毛を増やすだけでなく、頭皮も傷ついてしまいます。

 

髪がぬれているときのブラッシングも、髪を傷める原因となるので厳禁です。

 

ブラシは先が硬いものはなるべく避けてください。

 

使用感がやわらかく、頭皮や髪にやさしいものを使いましょう。豚毛のブラシがおすすめです。

 

抜け毛、薄毛を防ぐためにもバランスのよい食生活を。バランスのよい食生活を。
髪の主な成分はタンパク質です。ダイエットなどで主食を抜いたり、かたよった食生活をしていると、髪への栄養も不足してしまいます。

 

また髪にいいという言い伝えのある、海藻ばっかり食べていてもそれほどの効果はありません。

 

タンパク質のほか、新陳代謝を盛んにする栄養素、鉄、ビタミンB群、亜鉛や、血行を促進する栄養素ビタミンEなどを中心に、バランスのよい食事をとることが大事です。

 

頭皮マッサージを習慣にして髪の毛をすこやかに頭皮マッサージを習慣に
髪の毛の細胞分裂は、頭皮の血行が促進されると活発になります。

 

頭皮をよくマッサージして、硬さをほぐすことは、抜け毛 薄毛対策にはとっても有効です。

 

頭皮を指の腹を使って、頭蓋骨にもみこむように2〜3分マッサージしてあげましょう。

 

朝晩の育毛剤をつけるときや、お風呂にはいったときなど、頭皮のマッサージを毎日の習慣にしましょう。

 

また、首の後ろにあるツボの付近や、頭のてっぺんなどマッサージするのもおすすめです。

 

 

頭皮のケアには、アートネーチャーのアクアベルンなども手軽で人気です。